19 August

墓参りからの~青い空



お盆は家にいなかったのでウチの墓参りが出遅れた。
あんどんC70Zで墓参りへと。
ご先祖さま、すんません。合掌

今日は空の青が濃いな~



墓参りだけのつもりが、空の青さにやられて当てもなくさまよう。
とりあえず涼しいと思われる北のほうへ。
南禅寺~白川通り~岩倉へと。



お腹が空いたのでランチ。
ふと思い出した、久しぶりのマックさんの家。
バイク・クルマ雑誌を見ながらゆったりと過ごす。
ランチが美味しかった!



もうちょっと涼しいところへと。
貴船にでも行ってみよう。

なんじゃ~こりゃ。
人、人、車、車、大混雑。繁華街やな。
車の離合困難な道なのに人がぞろぞろ歩くから余計に車が動けない。
カブだから対向が来ないうちに抜けよう、、、
人で抜けられん。
なんとか脱出したのは奥宮付近。



ちょっと涼みに来ただけなのにな~。
あの混雑の中に戻る気しないので山越えすることに。
芹生峠へと上る道はとても急坂。
1速でないと上れない。



車が後ろから来たので避ける。
「この道抜けられますか~?」→「抜けられますよ」
「貴船は戻れないですよ」→「同じでーす」
「では、お互い気をつけて、この道抜けましょう~」
はははっ、初めて通る方には、相当ハードやな。



花脊大布施町へと。
月曜日にもCT110で通った(笑)
ここからは一気に花脊峠越え。

あんどんC70Zのエンジンが絶好調になってきた。
振動は減って気持ち良く回る。
ある程度負荷がかかった後の、あの感じ。
オイルが金属に馴染んで被膜がしっかりできた感じ。



花脊峠の気温は25℃だった。
下界より10℃は低いかな。

京都市街へ向いての下りは急勾配を落ちていくように走る。
見通しがいいから狭くてもそれなりのスピードが出せる。
ただ、あまり調子に乗らないように!
狭い道なのに交通量はそれなりにあるので要注意。



鞍馬駅に寄って、移動パン屋さん「ブルージュ」でフレンチトーストを購入。
どこか市内の祭りごとで食べてからのファンで!

貴船とは違い、鞍馬はひっそりと静かだった。
貴船はもう奥座敷の秘境じゃない。
夏の京都の一大観光地になったんやな。



墓参りですぐ帰る予定だったから、
Tシャツ1枚だしグローブもしてないし、、、
よー日焼けてしもたわ!ヒリヒリする。

京都街中35℃ぐらいかな。
路面温度はもっと高いやろな。
暑さでボーッとして意識が薄くなるわ、
そんな状況でも、ダレなく快調に走る、あんどんカブC70Z。

空気がキレイで風景がくっきりで、青空が印象的な日だった。
良いバイク(819)日和となりました!
14 August

久多の友禅菊



お盆でも混んでいないところへと。
山の中で何もないところなら空いているだろう。
CT110で、大原~途中~花折~久多~花脊の峠を4つ越える山岳コースへと。

リエゾン区間は、大原で少し混んだのと、
花折峠の下りからは、CT110エンジン85%で走り続けなければならないので疲れる。
あと、路面の溝がブロックパターンのタイヤでは振られてコワイ。

無事に梅の木から久多方面へと左折すると、CT110が楽しい道となる。



写真を撮っていると、
黄色のクロスカブ2台のカップルの方が手を上げて通り過ぎられた。
妙に仲間意識が出ますな~。

Tシャツにメッシュジャケットじゃ少し肌寒いぐらい。



極狭の道は渓流沿いを走る。
マイナスイオンを浴びながら走ると夏バテも回復するな。



緑緑とした風景の中に薄紫の風景がカーブを曲がったら飛び込んでくる!
思わず「お~キレイ~」と独り言が出てしもたわ。
誰もいないし、独り占めや。おおきに~。
ほんとはもっと厚かましく写真を撮りたかったけど、
商業用だといけないので、そこは大人ですから遠慮した。
あとで調べたら、地域興し的な側面もあるので、
もっと積極的に写真撮っても良かったみたい。
夏の風物詩として紹介されていた。



久多峠から花脊へ出るまでの道が緑濃くてステキで。
緩やかに下りながら渓流沿いを走る。
CT110が静かにトコトコと走ると、ヒグラシの大合唱とリンクする。



同じようなところを何度も走っているようなデジャブ感が出る。
カナカナ♪カナカナ~♪♪
ドップラー効果でヒグラシの鳴き声が後ろへ飛んでいく。
脳みそがどこかへお出かけしそうやな、、、
いかん、いかん対向車で我に返った(笑)



広河原~花脊線に出てからは、
リズム良くコーナリングGを楽しむ走りをする。
ブレーキングから旋回、クリッピングポイントから加速、あー楽し。
一気に、花脊大布施町まで。
何かのテレビ取材人がおった。
こんな京都の山の中に似合わないえらい美人がおる??
んっ?IMALUやん!!ぜったいに目が合った(笑)
ミーハーな親父は写真を撮ろうかと迷っているうちに通り過ぎた。
何でこんな山の中に?まあええか~。

花脊峠の気温は23℃!
涼しいな~、暑さのピークは過ぎたな。
極上の3時間コースで、走りも変化に富んで大満足!!
05 August

夏のOHVサウンド



今日のカブはC105
ご老体を真夏に引っ張り出すのは気が引ける。
コンデンサーがぶっ飛ぶ心配がある。
昔はこんなに暑くなかっただろうしね。

そやけどたまに無性に聞きたくなるC105のOHVサウンド。
まだヘタリの少ない完調なエンジンは最高っす。

職場へ行って、ぐるっと遠回りの嵐山。
嵐山も暑さのせいか観光客が少ない。



スカッと夏らしく晴れていない曇り空。
日射しが無いのは過ごしやすいしカブに乗るのも楽。

ここのこの角度からの風景は立体感あってお気に入り。
嵐山って昔から妄想の額縁を当てはめれば美しい絵ができあがる。



裏道を天龍寺に抜ける。
蓮池は今が旬。
朝早く来たら蓮の花がきれいに開いているのだろうな。
外国人観光客も蓮の花は大ウケだった。



嵯峨野は涼しいよ~。
ええな~、住みたい!
売り物件の看板に興味津々。
宝くじ買いに行こう(笑)

人力車の兄ちゃんは大汗かいてがんばっている。
嵐山からここまで上りやのにご苦労さん。



稲の成長具合を見ると季節の移ろいを感じる。
成長した稲の道を走るのは清々しい。

車体の軽いC105はこういう道を超低速で走ると旅気分に浸れる。



いつ雨が降ってきてもおかしくない空の感じになってきたな。

C105も暑くて息苦しそう。
中速域で濃い感じが出ているわ。
それでもまあ、暑さに負けずに走っている!
OHVサウンドがたまらない♪
29 July

蒸し蒸しや



南からの湿った空気が入ってきている。
蒸し蒸しと重たい空気が身体にまとわりつく。

午前中は、所用でCT90で出かける。
この暑いときにレッグがないのはいい!
足を開き気味にして股間を冷却する(笑)

CTをTシャツにスポーツサンダルと軽装で走らせると夏やなって思う。



夕方からは赤カブで行動。
買物とか銭湯行きとか。
狭い範囲をカブでウロウロ。
日が暮れるとちょっと涼しくなる。
夜走りはは気持ちええ。



銭湯に氷柱があった。粋な演出ですな~。
夏は盆までというイメージ。
あと半月やな。楽しもうっと。
22 July

山も暑かった。



アクセルレスポンスが悪いので、メインジェットを確認したら90がついていた。
夏本番になるとこれでは濃い。85にして夏仕様にする。

昼になってクソ暑いので、山へと避難。。



暑さのこもった京都の街中よりは爽やかな山の中。
川で泳いでいる人もいるし、どこからかバーベキューの香りも漂ってくる。
エンジンをOHした赤カブは快調で!
メインジェットはまだ少し濃い感じがするな。



峠で小休憩。
想像では、さわやなか山の風が吹いて、汗がすっ~と乾いて。。。
なんてことはなくて、汗がじわーっとにじみ出てくる。

夏雲がゆっくりと動いていく。



メインジェット交換と同時に取り付けたのが、この松葉杖スタンド。
C100にも取り付けているけど、ちょー便利。
キレイな状態のがカブ仲間から届いた。
C90郵政仕様のオプション部品。

路面の傾斜に合わせて足の出し具合を調節すれば安定して駐められる。
難点はたまにスネを打って悶絶しそうになる(笑)
ちょー便利なのに、この難点で普及しなかったのかも。



山の中でも、道路標示は36℃もあるやん(◎o◎)
ほんまかいな、そら暑いはずやな。

涼しいところを求めてもっと奥深く。
氷室へ行ってみる。



氷室は、平安時代の氷の貯蔵庫。

きっと涼しいはず、、、
全く涼しくないやん、、撃沈や。

京見峠から下界へと。
暑っ、やっぱ山は涼しかったんやな。
08 July

赤カブエンジンOH部品間違い編



部品が揃ってさー組むぞと進めていると、部品を間違って注文してた(^^ゞ
メインシャフトのベアリングのサイズが違うやん。
パーツリストを一行見間違えてたみたい・・・
50のカウンターシャフトのが届いていた。
小さい字キライ(笑)

クラッチ板の交換など、できることをやっておく。
エンジンスタンド拝借してきた。こりゃ便利な道具やわ。
立てたり寝かしたり自由自在にエンジンの方向を変えられる。
ほしいけど、、使用頻度は低いな。



懸念されたオイルポンプ駆動のシャフト軸受けの傷だけど、
モリブデングリス塗って新品のシャフト入れたらスームーズに回るわ!
ガタも大きくなく、これなら大丈夫やな。
02 July

C100で三千院の紫陽花を見に行く



朝から蒸し暑い日。
梅雨前線は北上して、それに向かって湿った空気が入ってきているらしい。
こんな日は紫陽花を見るのがいいな。
街中は見頃は過ぎてて山に行くと今が見頃みたい。

C100で道の端っこをえっちらおっちら、京都大原三千院♪へと。



三千院は緑・緑・緑!
今日は空いている。
三千院訪れるなら、この緑の時期が一番いいと仰っていた。
紅葉の時期は人でぎゅうぎゅうに混雑してるから来たらダメだって。



今日のカメラは、PENTAX K200Dにリケノン50㎜/F2のマニュアルレンズ。
これで紫陽花を撮る。









古いデジイチとフィルム時代のレンズ、そして紫陽花のコラボ。
フィルム写真のような柔らかさが出てええな。
写真が上手いとか下手とか関係ない。
いかに自己満足ができるか、そしてその写真に共感者がいたら尚うれしい。



門前の「土井の志ば漬」で漬け物の試食タイム。
なすの浅漬けは身体に染みこむ美味さだった。
お茶漬けもってきて~と定員さんに言いたいぐらい(笑)
買って帰る。



赤紫蘇は大原の名産品。

狭い里山を自転車感覚で走れるC100。
自転車しんどいけど、C100は楽ちん(笑)



帰りは江文峠~静原
自転車よりは楽だけど、バイクとしては??
峠道で車に抜かれるのコワイよ~。
自ら避けて車をやり過ごしたほうがマシ。
遅いのを楽しまないと!
非日常を作って遊んでいるようなもんやな。
ご老体頑張ってよく走ってくれる。
08 June

C90DP リアサス交換

カフェカブ京都でレンタルカブしたC90DP。
国道の速い流れで車体が振れだすとご指摘。
60㎞弱までは大丈夫。それ以上になるとダメ。
特に下りでフロントに加重がかかるときに出るらしい。

ほとんど京都市内走るだけで、郊外に出てないし、
身体が対応しててわからないのかもしれない。
人間の身体ってすごいんやで。
ステムベアリングがゴリゴリしててハンドリング最悪のバイクでも、
オーナーは乗りこなしているもんな。

振られの原因は、
フロントサスの左右バランスが悪いんじゃない?
リアサスもキャンプ道具満載で丁度良い硬いのにしてる影響か?
66,000㎞走っているからあちらこちらガタガタや。
足回りをリフレッシュしましょ。
先ずは、リアサスを交換。



↑これが今までのやつ。
どこのか忘れた(笑)



↑これが新しいの。
YSS東京堂。リトルにつけててなかなか調子が良い。
硬さを比べてみたけど、以前のやつの硬いこと。
それに少し長くてセンタースタンドでタイヤが地面についていた。
長さが短くなって柔らかくなったから後ろが下がった。
いや、これが正常か!
これでフロント加重が少し減るだろう。



次は、フロントを交換しよう。。。
05 June

カフェカブ京都2017



東京組と北九州組と京都組で集合して会場へと向かう。
今年のカフェカブ京都2017は、琵琶湖畔の公園。
京都からなら40分~50分で到着できる。

いつものように、東京組にレンタルカブ(笑)
昨日まで、旧カブで参加する予定だった。
でも、北九州組(お達者カブ倶楽部)の強者たちとご一緒することになり、ウチの馬力ある上から3台で行くことにした。
レンタルカブはC90DP(105cc)とCPC110(JA10カブプロ)の2台。
ワタクシは、CT110で参戦。



どうです、かっこいいでしょ!
信号で並んだときに思わずパチリと写真撮る。
CT110にJA10のエンジン、ディスクブレーキがまたステキ。
理想的っすよね。
速くて燃費が良くて、CT110のフォルムですよ。



会場に到着。
京都には無い高層ビルを見上げる。大津プリンスホテル。
美しい建築物です。



エントリーは100番!
アルミリムだけのドノーマルだけどピカピカですよ。





いっしょに行った北九州組「お達者カブ倶楽部」のCT110たち。
チューンドCT110がカッコええっす。



モノチリさんブース。

自分がCT110に乗ってきたからか、すっかり頭がCTモード(笑)



CTのヴィンテージもん!
今年はCTが多かったな~



ステキなカブの細道!
インスタ映えしそう。ってことで写真をパチリ。



もちろん、旧カブもたくさんおりました。



ロケーション最高っす。なぎさ公園。
いい風が吹いて日陰にずっといると寒いぐらい。
日向は暑いけどね。
メンバーもお昼寝タイム。



トークイベントはカブの小説の人とその編集者と、佐世保のカブ子のこばんさん。



こばんさんのブース。
JA07との旅のPhotoブックを自費出版されて販売されていた。
軽く300㎞越えのツーリングをされる女性。
そのツーリングシーンを自撮る。
本買ってサインをもらった、ミーハーおやじ(笑)



コンテスト1位は、イーグルモータースのステキな奥様。

一時、女性の姿がほとんど無かったカフェカブ京都。
女性が増えてきた!これめちゃ大切!
男のメカメカしい濃い濃い会場の空気が薄まって華やかになる(笑)



rakuさんのカブが原付カスタム雑誌の取材に選ばれた。
撮影されているところを、便乗で撮影(笑)
かっこええわ~!!



最後に京都組で撮影!

参加のみなさん、お疲れさまです。
ありがとうございました。
また、スタッフのみなさんもステキなイベントの運営をありがとうございます。
28 May

西日が眩しい



15:00ごろから昼寝したら2時間寝てしまった(^^ゞ
あかん~、、休みが終わる。ぶらっとカブ散歩へ。

17:30ぐらいでも明るいな。
西に向かって走ると眩しくて。
光が金色に輝いていた。
今日の散歩カブは、あんどんカブ70。



今月のはじめに来たときとは緑のボリュームが違ってた。
モコモコと大きくなっている緑の量。
もう少しで6月やもんな~。

渡月橋が美しいわ。



アジサイと庭にカブを横付けできるとこへ行ってみた。
アジサイはもう少しやな。来週には咲き始めているかな。
あんどんカブって和柄だから、こういう風景と相性ばっちり。

来週末は、カフェカブパーティー京都(琵琶湖会場)ですよ!