01 February

クロスカブコンプリート車




写真は拝借してます。

小栗商店さんの、カスタムカブブランド「モトブラン

クロスカブのコンプリート車がでました!
ええしょ~!!
クロスカブをこの姿で出したらもっと売れるのにねメーカーさん。
そんなやってほしいカスタマイズをやっての発売!
みなさんどうですか、おひとつ(笑)
25 December

CPCとGRD



大掃除をはじめる。
たけど物が多すぎて~(^^;)
それを選定して捨てる作業に時間がかかる。

15時ごろ掃除も嫌になりカブプロで靴を買いにでかける。
冬用のカブ通勤靴を更新する。

久しぶりやなカブプロ。
そうや、このカブに愛称を付けよう。
CC110=クロスカブ
CP110=カブプロ
カブプロのクロスカブ仕様だから、CPC110でええかな。



いつもの散歩コース経由で靴屋へ行こう。
嵐山も観光客は少なめ。渡月橋も空いていた。

今日のカメラはGRD3。
逆光に強いし歪曲収差は少ないし、改めてええカメラと思う。
アンダーで撮ったときにキレの良さ。
1.7センサーのパンフォーカスはスナップ最強!

河原の夕日の写真なんて真逆光に近いのにキレッキレ。
小さいGRDをもう一回復活させてほしいな~。



靴はEDWINの長靴の親戚みたいなブーツにした。
なんでも4センチまで防水だとか。
明日の夜は雨が降りそうなので、これで安心!
25 December

小さな旅気分



今日のカブは、あんどんカブC70Z。

京都市の北のほうに所用があってついでに散歩。
千本ゑんま堂に寄って、窓から閻魔さんにご挨拶。

所用は書類を届けるだけですぐに終了。



大徳寺の塔頭である髙桐院へと。
う~ん、ザ・京都って感じは健在。
ここは、京都なんだなと実感できる(笑)



着いたときは、人がいなくて!
静かに流れる時間は、俗世とは別世界のよう。
PEN-FT&モノクロフィルムで写真を撮りまくり。



デジカメは、GXRにコンデジユニットのP10の組み合わせ。
RICOHのお家芸であるMACROで南天を狙う。
鮮明さは足りないけれど、雰囲気はそれなりに表現できた。



ガソリンタンク別体のキュッと絞られたフレームが旧カブのカッコ良さ。
横から見るとリアフェンダーが独立した造形でバイクっぽさが強調される。

あんどんカブで巡る冬の京都は、小さな旅気分が味わえる。
23 December

ライブ~銭湯



夕方まで時雨れていた。
やっと止んだかと思うともう日が暮れかけ。
知り合いのライブがあるので、ゼスト御池まで自転車で行く。
街路樹の葉っぱもすっかり落ちて冬景色だけど、みょーに暖かい。

音楽はいいっすね~!
あと、子どもたちに会えたのが、うれしかったな。
他人の子どもの成長の早さにはびっくりするわ。
みんな可愛かった。



ライブ会場近くの銭湯へと。
銭湯もクリスマスムードにイルミで飾りつけ(笑)

普通にいい銭湯。
清潔感があるのがポイント高い!!
これ重要。

身体がほっかほっか、自転車で受ける風が心地よい。
あ~気持ち良かったぁ。
20 December

ほぐす



銭湯たまりませんな~。
少々熱めの湯船につかれば骨までじわっと暖まる。
それぞれの季節で銭湯は気持ちいいけど、
ピリッと寒い季節の凝り固まった身体をほぐす銭湯は格別やな。
18 December

同世代遊び



家の中のほうが寒かった。
はっと外へ出ると暖かいやん。
C100でカメラぶら下げ散歩へと。

いや~良い天気で気持ち良い。



紅葉シーズンに断念した永観堂に行ってみる。
中を覗いて見ると完全冬景色やな~。
拝観料払うのもったいないのでやめた。

駐輪場のところで逆光がキレイだったのでパチリ。



今日のカメラは、デジカメGXRS10、フィルムはPEN-FT。
C100は1963年モデルでPEN-FTは1966年モデル。
同世代で遊ぶ。まだまだ現役の道具たち。



南禅寺に移動して、PEN-FTでバチン♪と遊ぶ。
モノクロフィルムを入れているので、それも少し意識する。
シャッター音が派手でで(笑)

水楼閣をいろんな角度で撮った。



PEN-FTはハーフカメラ。
フィルムの半分を使う。
だからファインダーも縦フォーマット。
ふとファインダーにデジカメレンズをつけて撮ってみた。
面白い!撮れた。
デジタルPEN-Fのファインダーも縦にしたら良かったのに。



駐輪場に戻ると、隣にCT50があった。
インスタで見たことあるCT50。
オーナーさんが声をかけて下さった。
お互い、相手のカブが気になるようで(笑)
CT50ええな~。一時ほしかった。
黄色カブ仲間やな。

日が暮れてくるとさすがに寒い。
帰りは小栗商店さんに行ってパーツ注文。
バイク屋さん行くと面白い情報がいっぱい聞ける。
さて、銭湯行って暖まろうか。
17 December

あんどん灯して



かもめカブC90K1。
1971年モデル。
45年経っている。

夕方の買物は、あんどん灯して。
バッテリーが少し弱い。
ヘッドライトにしたらウインカーとブレーキランプでエンスト(笑)
バッテリー点火の泣き所。
ポジションライト(あんどん)なら大丈夫。

発電はジェネレーターから直入るのでは無く、バッテリーで受けてから灯火類へと。
エンジン止めててもヘッドライトが点く。
古い電気回路にはレギュレターってものがない。
電力の安定化はバッテリーが受け持っている。

バッテリーをちゃんと面倒見ないと、まともに走らない。
そんなところが面白いとこでもある。
14 December

寒いけど楽しい



日曜日のお話。
リトルで家帰ってからCT110に乗り換えぶらりと散歩へ。
風防無しレッグ無しのCT110の寒いこと(笑)



CT110が楽しいわ~。
なんやろ寒いし変なテンションなんか(笑)
タイヤが回転しているというよりも、地面を蹴っているような走り。
鉄馬!排気量は小さいけどそんな感じ。



太陽が隠れるとどんどん気温が下がる。
今夜はけっこう冷えそうや。

12月なのにコスモス?かな。
寒々しい感じの中で色があるとよりキレイに見える。

今日はほんとCT110との相性が良い。
日によってこの差が激しい。
アカンときは、全く楽しいくない。
「なんでこんなんやねん」と腹立つこともある。
CT110は何も変わらないのにね。
いいとこもダメなところも表裏一体。
どう感じるかは、乗り手の問題ってことやな。

04 December

変わらない存在



西本願寺の大銀杏。
紅葉のピークを過ぎて落ち葉を散らしていた。
この銀杏の葉っぱが全部落ちたら冬になる。
子供の時から変わらない秋から冬へのルーティン。
いつも通りがいつもの通りやってくる安心感。
長年変わらないって難しい。



スーパーカブも機械的には進化しているけれども、
パッケージングは変わらない。
C105もJA10も確かにスーパーカブ。
来年には世界累計生産台数が1億台を突破するんだって!!
なんだか、泣けてくる。
27 November

パンダ風防



一日中雨でした。
日が暮れてから止むなんてね。
おかげで引きこもり(笑)
カブメンテ三昧。

C90DPに取り付けている風防。
パンダの顔に見えませんか。
勝手に「パンダ風防」と呼んでいる。
前たれが手まで覆う大きさがあるので防風効果は抜群!

風防部分は頭の上までくる大きさだった。
大きいほど防風効果は高いけれども、
雨の帰り道とか風防越しでは滲んで前見えない。
目線が風防から出るように低くカットした。




あとグリップヒーターを取り付けた。
グリップに巻き付ける簡易タイプ。
じんわりと暖かいんよねグリップヒーター。

パンダ風防とグリップヒーターで冬も快適に!