07 January

パンフォーカスでもZUIKO



うちにある4台のPEN-EEシリーズで一番調子が良いEE3。
パンフォーカスレンズでもピントが合うと、さすがのZUIKOレンズ。

ヨドバシでPEN-EE3を首から下げてデジカメを見ていると、店員が寄ってこないことを発見した(笑)

20160107PENEE3写真へ
スライドショーでどうぞ
04 January

飛行機撮影は楽しい



帰省していた次男が北海道へ帰るので伊丹空港まで送っていく。
飛行機に縁の無い生活なのでワクワクするな~。完全便乗してる。

早く到着して、飛行機撮影。
日が傾いてきて飛行機が輝くのが美しくて!



なかなか難しい飛行機撮影。
今日は、250mmのズームレンズだけど、まったく足りない。
飛行機撮影しようと思うと、600mmぐらいあると面白いもんが撮れそう。



次男の乗っている飛行機が離陸!!

流し撮りでいっぱい撮ったけど、まともに写っているの少ない。
こりゃ難しい~飛行機撮影にハマるのわかる。



E-500にシグマズームレンズ。
これじゃ~完全に役不足やな。
でかい白い筒のレンズもっている人がおったわ。あれぐらいは必要やな。

今日も暖かかった。
展望デッキでカメラ遊びできるのも暖かいからこそやな。

年末年始は次男によー遊んでもろたわ(笑)
今度はこっちが北海道行くからな。
17 December

GR10シャッター不良



GR10をケースごと落とした。
そしたら、シャッターが斜めに入るようになり押せなくなった。
困ったな~。
機械式のカメラと違って、電気仕掛けのカメラはバラすのちょっと怖い。
そやけど、このままでは使い物にならない。
どっちみち使えないのなら壊すつもりでバラしてみよう。

カバーをバラすのに、どこがどう止まっているのかわからない。
ひとつネジを外しては、ひっぱってどこが止まっているかを確認して慎重にバラす。
シャッターのついているトップカバーを外したら原因がわかった。

シャッターボタンは電気を通電さすだけのもので正方形の接点に入る。
落としたことでトップカバーが歪んで、その正方形にぴったりとハマらなかっただけ。
トップカバーの歪みを修正したら直った!



お気に入りの気軽なGRレンズカメラなのです。
直らなかったら、また買おうかと思っていた。
良かった~!!

09 December

1970カメラ



RICOH HI-COLOR35S
基本はピントリングを緑マークにシャッタースピードも緑表示の125でオートで撮れる。ファインダーに露出OKなら緑マークが出る。ダメなら赤で露出が外れていることを知らせてくれる。

シャッタースピードは30、60、125、300が使えて、シャッタースピード優先で絞りを調節できる。ピントも緑マークから動かすことができて、特に近接は距離で合わせてあとは被写界深度に頼る。

1970年モデルのカメラ。
大阪万博!あんどんカブ!!
まだまだ現役、よく写る。

↓ロータスヨーロッパも同じ時代。



20151207HI-COLOR写真へ
スライドショーでどうぞ
25 November

欲があるうちは撮れない



パチパチとなんも気にせず撮れる感じが気に入ったCARDIAmini
絞り込まれたらそれなりに写る。

どんなカメラでも使いようですな~・・・

故増山たづ子さんはダムに沈む我が村を撮り続けた。
60歳から撮りだして、10万カットのネガと600冊のアルバムを残した。
カメラはコニカビックミニでシャッターを押していた。

・・・っと、カメラばあちゃんのことを思い出した。

きっと、増山さんは、CARDIAminiであってもいい写真を撮られると思う。
機材なんて関係ない。

うーん「いい写真が撮りたいな~」
欲があるうちは撮れない気がします(^^ゞ

最近は、dp0 Quattroを使ってみたくて!
スペックに参っているおっさんには、一生いい写真は撮れそうにありません。

20151123CARDIAmini写真へ
スライドショーでどうぞ。
15 November

和菓子と抹茶



鉄子さんと所用で自転車ででかける。
用事は1時間ほどで終わり鴨川を北上する。
でも、途中であきてしまって、荒神口で帰る方向へと。
御所を横切って、味噌でも買いに行こうと本田味噌に行くと
、、、休みやん。
うーん、なんか、リズムの悪い日でがっくりやな。


Photo:GXR A12 GR28

近くに虎屋さんがあるので行ってみよう。
直営で和菓子と抹茶のカフェがある。
テラスで庭を眺めながらいただく。
静かでね~風が吹いて、少し肌寒くて。
緑にテーブルには青空が写ってて
リズムの悪いのが、ちょっといっぷくしたらもどるかな。

虎屋さん、併設のギャラリーは何度か見に来ているけれど、
お茶席に入るのははじめてだった。
和菓子ひとつと抹茶にかける金額に、対価としての満足が見い出せなかった。
今日は京都のプレミアム商品券を利用して入ってみた(笑)

和菓子ひとつと抹茶。それにその場の空気。
ほ~、なるほどと、意外に満足度が高かった。




12 November

スナップで色気でる



さすがのGR1sが出してくる写真です。
広角でとても気持ちが良くすっきりとしてます。
細かい解像度を見ればデジタルにはかないません。
でもね~艶っぽいというか色気があるというか。
オートでシャッター押しただけのただのスナップなのに。
モノクロフィルム写真を撮るのが楽しくなります。

アルバムへ↓ スライドショーでどうぞ
20151106GR1s

05 November

紅葉早いような



京都の市街地でも紅葉してきた。
ちょっと例年よりも紅葉が早いような気がする。
今年は9月が涼しかったからかな。

メーターへの映り込みと向こうの紅葉。キレイやん。
信号待ちでも思わず写真をパチリ。

03 November

GRDは居合抜



秋の非公開文化財特別公開の中でも今回は超レアな初公開があった。
伊藤若冲の天井画のある信行寺。
自転車で見に行ってみよう!

あちゃー拝観待ちの行列ができている。
こりゃいかんな~。
先に昼食をとろう。



北上してコンビニ弁当買って金戒光明寺へと行く。
門前に自転車駐めて弁当を食べる。
ええロケーションやな。弁当美味い。
弁当食いながら写真を撮る。

今日のカメラはGRDⅢ
ポケットサイズで良く写る。スナップで大変使いやすい。



先日のキャンプでも話していたのだけど、GRDはやっぱこの小さなサイズが良い。
GRはセンサーがAPS-Cへと大きくなって画質が飛躍的に向上したと思うけど大きくなってしもた。
GRDの良さは居合抜のように撮る速写性能。
ピントなんて気にしてないパンフォーカス。
ウチにはGXRのGR28㎜もあるけれどピントがシビアになった。
ボケ効果はセンサーが大きい方が出るがそれが速写では欠点になる。
狙わず数打ちゃ当たるのが1/1.7センサーのGRD。
今のGRをほしいと思わないもんな~。
RICOHさん、GRDⅤを1/1.7裏面照射センサーで出してくれないやろか。
16 October

FUJI CARDIA mini EVERYDAY op



オカンが押入からカメラが出てきたと持ってきた。
1992年モデルのカメラとわかったけど、ネットでもほとんど情報がない。
見向きもされないカメラだということはわかった(笑)
ほぼ新品で、デイト表示は今日を告げている。
当時の定価は37,000円やて。こんなオモチャみたいなんが?
そう思うと今のデジカメは安いですな~。

今、GR1sを使っているけど、やっぱり何かしら結果を残さないとと少しの気負いがあるわけです。
このオモチャみたいなんからのほうが、意図しない名作が生まれる可能性がある。
意外なところから出てきたカメラに、フィルムを通すのが楽しみである。