忍者ブログ
24 September

山寺の演出



やり残した仕事があって職場へと。
「すぐできるし、後でええわ」と思ったことは必ずそのまま忘れてしまう。
ほんで、家に帰ってから思い出す。
っで、週末やのに職場へと行かなくてはならなくなる。
結局、数倍の時間がかかっている効率の悪さ。
思ったときに邪魔臭くてもやっておかないとあかんな(笑)
自分の辞書に、「後から」なんて無いわ。

CT90で行って帰りは散歩や。
嵐山は川がえらい増水していて、流れてきたものが引っかかていた。



愛宕念仏寺に寄ってみる。
1年に1度は訪れたいところ。







静寂の中だけどとても賑やか。
苔むした羅漢さんたちは絵になるな。
今日のカメラはE-500



写真を撮っていると、僧侶が本堂を開けにこられた。
お供え物を持っておられたので、お勤めなんだろうなと思っていた。
外から中をちらりとのぞき見。
明かりと仏像で、ズンと心静かになる感じ。
戸を開けたまま出られたので「入ってもいいのですか?」と聞いたらOKだった。
もう20年ぐらい年に1回はきていると思うけれど、本堂に入ったのははじめてだった。
いいライティングでとても癒やされる空間だった。

E-500ではこの暗さは撮れない。
スマホのほうがキレイに撮れた本堂内(^^;)



ホームページを見てみると、YouTubeのチャンネルがあった。
住職が撮影されている秋の念仏寺。ステキです↑
これから紅葉の季節はいいだろうな~。。。

あと、住職は音楽家みたいっすね~。
あの本堂のライティングの演出も納得です。
YouTubeのチャンネルにはエレキギターを引く住職の姿が~カッコ良いっす。
愛宕念仏寺とのギャップに(笑)



9月末にもなってくると季節が進みますね~。
長袖のポロシャツ1枚で走ってたら寒かった。
お腹が痛くなってやばかった。
半泣きになって、ギリギリセーフで家にたどりついた(笑)

※ブログデザインを変更しました!
PR