忍者ブログ
02 November

フライロッド



久しぶりに釣りに行こうかと。
2年ぶりぐらいに道具を出してきた。

フライロッドを磨いてみる。
釣り竿なんて同じような姿だけど、それぞれ個性があるんだな。
カブに似てるね。

手前から、864・764・865。メーカーは違う。
前2桁が長さ。後ろ1桁がライン番手。
あと、アクションもそれぞれ違う。先のほうで曲がるのと、根元から曲がるの。
先の方のはしなりが強くて、ラインを遠くへ飛ばせる。
根元からのは、ゆったりとしたアクションでキャスティングものんびりと。。
大物はパワーのあるロッドのほうが有利だけど、魚とのやりとりを楽しむのは根元から曲がるの。

ロッドの根元に書いてある名前があって擬人化してしまいそう。
安物のロッドばかりだけど愛着のある道具。
久しぶりにケースから出してみたら、伸びをしたようだ。
PR