忍者ブログ
25 December

終い天神で見つけたオートハーフSE2



毎月25日は「天神さん」。多くの露店が並ぶ。
12月25日を「終い天神」と言って、京都の行事の締めくくり。

奥さんと自転車に乗ってぶらぶらと。
狭い裏道をつないで走る。昭和の風景をオートハーフSEで撮る。
いつもは24枚撮りのフィルムで48枚で撮っているけど、
今回は間違って36のフィルムを入れてしまった。72枚撮れる(笑)

さすがっ!終い天神!!多くの人で賑わっている。
さっと、お参りをすませて、あとは露店を物色。


GXR GR50㎜

すごいな~。骨董品のお店。
古着物や生地、仏具?や陶磁器に金物屋。
最近は昭和レトロな店もある。昭和60~70年代の商品が目を引く。
奥さんは「魔女っ子チックル」のアルミの弁当箱を悩みに悩み、主題歌を歌いながら買ってた(笑)



カメラは弘法市ほど多くの出店が無い。
オートハーフやPENEEは、定番でよく見かける。
でも、セレンがダメなのが多い。
カメラを物色してて店主が「それシャッターおりるし使えるで!」と話しかけてくる。
おっちゃんにセレンが反応してないと説明をしてあげると、だいたい絶句します(笑)
そんなところでは買う気ない。

オートハーフSE2を発見。
今日持ってきているSEにホットシューがついた。
なんだか兄弟を見つけたよう。

セレンOK!シャッターOK!モルトはクサリ気味。
ちょっとメンテしたら復活しそう。
店主もはじめっからジャンクの扱いで「使える」なんて言わない。
価格を聞いたら、1000円だって!良心的。そらもう買いでしょ。
SEとSE2、こら出会いやな。運命的ていうやつか(笑)
偶然を必然と解釈したら、面白い人生となる。

寒いから家に閉じこもりそうだったけど、出かけて良かった~(^o^)


PR