23 December

映画のポスター



カブプロで近代美術館でやっている「日本の映画ポスター芸術」を見に行く。
カブプロに乗るのも、ちょっと慣れてきた(笑)
チープな感じがまったくしない走りは、価格からしたらお買い得な感じ。

映画ポスターってのは、あのフォーマットの中でいかに興味をそそるかってもの。
絵画よりも、より明確な使命がある。
今は、テレビやインターネットで、事前に予告編なんかで情報を得られるけれど、
昭和60年代は、そのポスターの善し悪しで興業成績に直結していた。
横尾さんの、毒気のあるカラフルで不思議な世界が好み。
写真撮るにも、いい刺激となりやした!

さてさて、恐る恐る走っていたけど、少しバンクさせてみよう。
うん、今の自分がバイク操る能力よりも、はるかに次元の高い性能を持っているカブプロですわ。