忍者ブログ
10 February

ドアノー展



JR京都伊勢丹で開催中のロベール・ドアノー展に行ってきた。
年代からすると、恐ろしくクリアーでシャープな写真が見られた。
1940~1950年代の写真であるが、カメラはローライの2眼と書いてあった。
周辺まできっちりと写っているし、階調豊か。
すげーなー現在見ても艶っぽい写真。フィルム写真は良いね。
光学性能なんて当時で完成しているやん。
ローライフレックス恐るべし。
デジカメ語るのが恥ずかしくなるわ。
PR