24 November

JA10カブプロ グリップエンド外し



JA10カブプロにグリップヒーターを付ける。
先日記事にした巻き付け式のがあるから、それを利用しようかなと思っていたけど、なんとっ!JA10カブプロはグリップヒーターをはじめっから取りつけられるように電源も来てるし、ハンドルの所にもステーがあるし、ほんで、グリップも太くならないし違和感がないらしい。
これは、導入ですな。

取りつけるのは、ボルトオンみたいなもんで簡単なんだけれども、難関はグリップエンドの取り外し。真ん中のプラス皿スクリューを回すとエンドも共回り。ネジロックがされているらしく、簡単には緩まない。小栗商店さん行ったらすぐ緩めてもらえるけれど、ちょっと、ネット見たら苦労しているみたいなので、1人でやるやり方をご紹介。道具ないとどうしょうもないけどね。クロスカブでも応用できる。



準備の道具は、
ウォーターポンププライヤー
スライダーハンドル・ビットソケット・3番+ビット
(ラチェットハンドルでも代用できるけど、力がかけにくいかも)
ネジの滑り止めペースト
ゴムバンド



では、緩めましょう。
①3番+ビットをスクリューに差し込みハンマーで叩いておく
ショックを伝えてネジロックを固着から緩める
②スライダーハンドル、ビットソケット、3番+ビットをセット
③ネジ滑り止めをビットの先端に塗る
④ゴムバンドをエンドに巻き付けてプライヤーでしっかりと挟み込む
(ゴムバンドはプライヤーの歯でエンドを傷つけないぐらいの厚みが必要)
⑤スライダーハンドルセットを+スクリューに差し込み、押しつけながらクッとインパクトのある力のかけ方で緩める(ぎゅーという力加減では、ネジをなめるので注意)
※①クッと力入れたときに緩まないときはあきらめましょう→バイク屋さんへGO!
※②ネジ山がボケたらネジの頭をドリルで飛ばす方法とかしないといけないので大がかりになるし、途中で失敗してバイク屋さん持ち込むのは、とても嫌がられる(経験談:笑)

チャレンジされるときは自己責任でお願いしますよ。
ヘタしたら、お金かかります。

たまには、カブ乗りに役立つ情報を載せとこうと思って。