03 December

銭湯廃業



またひとつ銭湯が廃業された。栄湯さん。
2回目だったけど、最後に行ってきた。
家からは少し遠く、駐輪スペースが自転車でいっぱいだったので、なかなか足が向かなかった。行く時間帯が悪かったかな。今回もけっこう賑わっていた。
好みの昭和臭い銭湯だったのに、、もっと行っておけば良かったと思っても、もう遅い。
女将と客の会話が泣けてきますわ。
「達者でな~」「近いしまた会えるやろ」



↑は、2006年1月廃業の塩湯さん。
文化財級の建物だったのに。
廃業銭湯のことを思うと、自分が買い取りたくなりますね。大金持ちだったらな~。
そうか、京都市が保存建築物に指定して、補助金出してくれたらええのに。
銭湯経営者の諸事情も知らずに勝手なこと申してますが、銭湯好きとしては廃業を聞くと寂しくなります。