23 March

拝啓、太陽の塔さま



所用で尼崎へと。
帰りに、嫌がる家族をハンドル握っているのをええことに、万博公園へと導く。
通り過ぎるわけにはいかないでしょ。

万博公園では家族ともちろん別行動(笑)

拝啓、太陽の塔さま
ご無沙汰しております。



いつもながら、背中で語っておられますね。
誤魔化しや姑息なことなど、すべてお見通しのようで。
ワタクシも、この黒い太陽を背中にもちたいものです。



今日はPEN-FTで、ポートレイトさせてもらいました。
いろいろと角度で表情が変わるので、一番カッコ良く写るポーズはどこかと見上げましたよ。
また写真を撮らせて下さいね。