忍者ブログ
11 May

C90P型 ハンドル塗装



C90P型(1993モデル)のハンドルの錆が徐々に進行している。
ステッカーが浮いてきているのではがしてみると、塗装がいっしょにはがれて、錆の地肌が出てきた。
塗装面もポツポツとザラついてきている。なんとかせねばと、純正缶スプレーを買おうとすると販売中止(P型のアドベンチャーブルーメタリック)。。。。HONDAは缶スプレーやめたみたい。デイトナならあるかなと調べたけど無い。
ホームセンターへの買い物ついでに缶スプレーを物色。色見本をたよりに近そうな色を購入。ホルツの8P4ダークブルーマイカM



塗装をはがして、びっくり!!
全体に錆び錆びだった。
耐水ペーパーで磨く。幸い根深い錆びでなかったのですぐに地肌がでてきた。



塗装開始!
ハンドルはすぐに塗れた。ちょっと明るいブルー。
色見本より明るく出てる。まあいいか。
乾かす時間で、ハンドル下の首の部分も塗装しよう。。。
うん?よく考えたら首の部分を外すには、ハンドルブラケットやら配線を全部外さないといけない。難しい作業じゃないけど邪魔くさい。邪魔くさいけど外さないと塗れない。そんな葛藤を10秒ぐらいして外して塗った(笑)



晩飯を次男と外食したついでに、オートバックスへと。
おおっ、ブルーメタの種類が多い。8P4より濃い8L2ダークブルーマイカMを買って、さっそく家に帰って塗装!!
ビンゴ!!ぱっと見ただけでは違和感無し。OK!
塗装下の錆びって気分悪かった。手出しできなくてジワジワ進む。これで一安心。
まあまあキレイに仕上がって良かったぁ~。すっきり。
PR