05 June

丹土色になった平等院



今日は仕事で平等院へ行ってきた。
平等院も世界遺産。知らなかった。
平等院は2回目で、前回は10年ぐらい前かな。

10円玉の裏でおなじみの鳳凰堂。
平成24年9月から修理に入っていたのが一部を残しできあがり、4月から拝観が可能となった。
今回の修理の目玉は、色の塗り替え。
昭和25年以来の塗り替えで前回とは違う顔料を使った。なんでも、平安時代に塗られていた顔料が赤い「丹土」だったとわかったらしい。茶色い鳳凰堂も趣があって良かったけど、赤くなって艶っぽくなった。

鳳翔館は鳳凰堂に隣接する美術館。
そこいらのお寺の宝物館とはちょっと違う。鳳凰堂の建築当時の極彩色を再現されたホールの美しさには、はっとさせられる。仏像たちも、はっと響くもんがある。
もっとゆっくりしたかったけど、プライベートじゃないからできなかった。
また、プライベートで来よう!