29 May

スナック窈



一青窈のLiveに行ってきました。
チケットがYオクで落札できました!JUNさんおおきに。

おもしろいもんですね。
行けるときはつながって行けるし、行けないときは、なんぼがんばっても行けません。

一青窈の世界が繰り広げられました。
前回は異国の街角でしたが、今回は昭和30年代後半の雰囲気でしょうか。
そこにスーパーカブC100が違和感なく溶け込めそうです。

昼から夜へと時間が流れて行きます。そして「スナック窈」の明かりが灯ります。
おっと、あんまり説明はやめておきましょう。

しかしすごい声量ですね。あの小さな身体から出ているとは思えません。