忍者ブログ
02 June

フィルムのぞき

現像タンクから取り出したできたてほやほやのフィルム。
裏から光をあててのぞくと、ぱ~っと世界が広がります。
その瞬間で、出来の良し悪しがすぐにわかります。
出てきた絵がくっきりと好きなら、たまらなく愛おしく思えますね。
フィルムは物体として存在し、小さな小さな個展となって手の中にあります。

明日行けば休みです。ふ~っ。カメラもって出かけましょ。



・・・っと言っても、デジタル技術は大好きです(笑)
フィルムをデジカメで撮って、階調反転したら写真として見られます!
最近、安いフィルムスキャナーが出てますが、このやり方ですね。
お手軽そうで、ちょっと気になってます。



PR