忍者ブログ
16 November

府庁界隈まちかどミュージアム



京都府庁界隈で歴史的建造物などに入館できるという催し。
嫁さんと自転車でぶらぶらと行ってきた。

京都府庁旧本館の議場がレストアされ見学できた。
明治37年完成の国内最古の議場。
レストアの状況がパネル展示してあり、漆喰職人さんの技に脱帽です。



府庁を出て、聖アグネス教会へと。
外観のレンガの建造物は京都市内にあまりない。
前をたまに通ることあるけど、じっくりと観察するのは初めて。
こういう機会で見聞が広がるのは楽しい。



教会ってのはあまり馴染みがないので、入るのにえらい緊張した。
ひとりだったら断念していたかも(笑)
ステンドグラスで教会とわかるけど、雰囲気はヨーロッパアルプスのホテルのホール。
(いや、ヨーロッパアルプスには行ったことはないです:笑)

そのあと、平安ホテルの庭園見て、とらやで版画を見て、そのまま東へと。



堀川に突き当たると、一条戻橋。
清明神社へと寄ってみる。
知名度のわりには、規模は小さい。
土産物紛争は、せっかくの陰陽道の不思議な世界を現実的にしてマイナスイメージじゃなかろうかね。
次から次へと、パワースポットへと観光客が来る。
安倍晴明は狂言の野村萬斎のイメージやな。
映画「陰陽師」でブレイクした安倍晴明と清明神社。

秋の京都でも、今日の自転車コースは渋滞しらず。
人もまばらでマイナー京都を楽しめた。
PR