17 January

セーフティーレバー



先週のこと、ロードバイクをドロップハンドルに変更しようと作業してた。
ブレーキレバーをセッティングして、バーテープを巻こうかなと思ったとき、ふと「昔、ブレーキレバーの補助レバーが出ててるやつあったな」と思い出した。

近所のサイクルショップへ買いに行く。
「あの~、ドロップハンドル用のブレーキレバーでハンドルに沿って補助レバーのある部品ありますか?」
「セーフティーレバーですね。今はもう手に入りません。ギドネットレバーならありますけど、あと補助レバーは今は別体です」
セーフティーレバー!そんな名前やった!!



無いとわかると余計にほしくなる。Yオクで仕入れた。
今日取り付けて、テスト走行。
セーフティーレバー初体験!
めちゃ楽やんか~、京都の町にはセーフティーレバーや!!

セーフティーレバーといえばロードマン。
本格的なスポーツ車じゃなくて通学用自転車のイメージ。
当時は、素人くさくてダサくて、カブと同じような感覚で見ていた(笑)

まったくダサくなんてない。
ユーザーの間口を広げて、ドロップハンドルを安全に乗ってもらうための工夫。
まさに、セーフティーなレバー。
ダサいという目で見ていた自分が一番ダサかった。

レトロロードバイクによく似合っている。
当時から付いていたような違和感のなさ。
おっさんは、セーフティーレバーを大変気に入りました!