忍者ブログ
08 February

あんどんカブC70Zと落柿舎


Photo:OLYMPUS E-500 SIGMA 18-125

時雨模様の今日の天気。
仕事関係のマラソン大会へはレトロMTBで行く。
応援とカメラマン。E-500で撮影は楽しい。
大会中は、雨が上がっていて良かった。

帰って遅い目の昼食をとる。
昼から何しようかな?カブに乗ろうか。

あんどんカブC70Zでいつもの散歩コースへと。
嵯峨野の落柿舎に入ったこと無かったので入ってみる。



落柿舎は俳人向井去来の遺跡だそうですわ。
俳句好きにはたまらない聖地なんだろうな。
俳句はわからない世界。何を評価して良いのやら?
茅葺きの建物が雰囲気あるぐらい。



句碑が庭に点在している。
わかる人には、この嵯峨野で詠まれた句碑はたまらんのだろうな。
残念ながら、良さがわからない(^_^;)
写真の被写体になるぐらい。

帰り道、雨が降ってきた。
ちょっと時雨れているだけと思ったら本降りに。
ダウンジャケットが水を吸って重い。腕は浸みてきて冷たかった。
風防で、胸やお腹の濡れ方はマシ。
無かったら全身ずぶ濡れになっているところだった。

落柿舎には悪いけれども、今日はあんどんカブC70Zの写真の借景になってもらった感じ。
E-500のISOAUTOがアホなので、ISO感度をマニュアルにして露出を決定している。
ちょっと自分が介入する余地がある楽しいカメラ。
あんどんカブC70ZとE-500のリズムがシンクロすると良い写真が撮れる。








PR