21 February

冥界への入口


Photo:OLYMPUS E-500 18-125SIGMA

京の冬の旅。特別公開。
六道珍皇寺へレトロMTBで出かける。
六道の辻。

六道は、地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道の六種の冥界
辻とは境目のこと。
その昔、六道珍皇寺から東は平安京の埋葬場であった。
この世とあの世の境目。
冥界への入口がここにある。



文化財の撮影禁止だらけ。
唯一の撮影ポイントが縁側から冥界への入口の井戸を撮るところ。
ズーム125㎜(換算250㎜)をつけてきて正解!

小野篁は、昼は朝廷夜は閻魔庁で仕事をしていた。
毎夜この井戸を通って閻魔王宮へと。
篁(たかむら)は身長が186センチのイケメン。
陰陽師じゃないけど映画に出来そうだけどね(笑)

十界図(外部リンク)は人生を山で表現されている。
自分は今どのあたりかな?
頂上過ぎて下り坂のあたりかと考えるとゾッとした。

六道珍皇寺はたまに来るけど中に入ったのはじめて!
期待以上に、輪廻転生ってものを感じられた。



珍皇寺へ来たら「幽霊子育て飴」を買わないと。
亡くなったあとに生まれた赤ちゃんのために幽霊が飴を買いに来たという伝説。
2袋購入。試食用をいただいた。とてもほっこりする味。



六波羅蜜寺の仏像を撮影しに寄り道。
仏像のポートレイトってなかなかできないけど、ここにある十一面観音さんは堂々とできる(笑)
♪いいね~♪かっこいいね~♪いろんな角度から撮影。
自分でやってて、ちょっとキショイ(笑)
仏像ポートレイト用に単焦点100F2.8なんてレンズがほしなるな~。

もうちょっといろいろ巡るつもりだったけど、冥界でお腹いっぱいになった。
冬の旅のスタンプラリー3カ所完了!やし、OKかな。