15 June

C100不調の原因①



C100が不調の症状は、
信号待ちでアイドリングしているとストンと止まる。
中速域でガス欠のような症状がでる。
エアスクリューをいくら合わせても直らない。
プラグの焼けは白い。
薄い感じ。
ニードルのクリップ位置を一段下げる。
中速域は改善したけど、アイドリングではまだ止まる。

キャブをバラしてジェット類をチェック。
メインジェットに何か引っかかっているかと思ったけど大丈夫。
フロートニードルが引っかかってガソリンが落ちないのかと思ったけど大丈夫。
特に悪いところ無し。
ヘッドとのつなぎ目が歪んでいるので、オイルストーンで削って修正。

さて、試乗!
あちゃーよけいにヒドクなった。
チョーク引かないと走らないやん。
古いのバラして調子を崩すパターンや。



キャブを手持ちのと交換してみる。
アイドリングはするようになったけど、まったく吹き上がらなくなった?
そうや、このキャブがダメなので今のに交換したんだった。
泥沼のはじまり(笑)

ひとつずつ原因になりそうなことをつぶししかない。
エンジンは、良い混合気、良い火花、良い圧縮!

キャブはもう一度チェックして戻す。



次は点火。
ポイントを新品と交換する。
症状は同じ。薄い感じ。
薄いのは点火での症状じゃないけど、一応交換しておく。
これで、ポイントの心配は無くなった。

次は、圧縮やな~。
腰上バラすかの。

つづく・・・