忍者ブログ
11 July

石峰寺



先日の伊藤若冲展を見てすっかりマイブーム。
京都の江戸時代に、なんとも力の抜けた遊び心のある絵を描く人がいたもんだと感心した。
今年は、生誕300年らしく紹介されることが多くなった。

石峰寺は伊藤若冲が最後に過ごした寺。
自転車で訪ねてみた。

若冲さんの墓を参って振り向くと広がる風景。
写真を撮ったら、右のほうに立ち上がる黒煙。
絶対、火事やんな。ツイッター見たらアップされていた。
びっくりしたな~。


Photo:OLYMPUS E-620 14-42

石峰寺は黄檗宗。
大陸っぽいデザインの建物。
この門の奥に、若冲デザインの500羅漢が居た。
残念ながら、撮影禁止。
竹林の中に、ジブリアニメに出てきそうな羅漢たち。
残念なのは、隣で重機の音が轟々としてた。
石峰寺も文化財無視した工事に困っているみたい。
次回は工事が終わって、静かになったときに訪れてみよう。



伏見稲荷が近いので寄ってみる。
京都が世界でNo1の観光都市になったとか。
地元民としては、うれしいいっすね。
まあ、すんごいわ!日本人探す方が難しい(笑)



千本鳥居は大人気。
浴衣美人が一番目立っている。
後ろのアジアンなお姉さんが「写真何枚撮るねん!」と突っ込みたくなるぐらい撮っていた。
提灯は、来週夏まつりで夜間拝観があるみたい。



夕方は、白煙問題で修理依頼の「あんどん大将」の試乗へと。
腰上バラしてチェックしたけど、オイル上がりではないようだった。
圧縮高いし、シリンダーもピストンもきれい。
バルブシールはEX側しかないので、それは交換。
残るはインテークバルブガイドの摩耗かな。
バルブシートの摺り合わせして組んだ。

嵐山天龍寺へと。
白煙問題はほぼ解決。許容範囲内。
EXバルブシールが原因だったのだろうかね??



嵯峨野まできたら、涼しい~。
夕方だから、ひっそりとしている。
日本人より、ここもデカイ1眼カメラもった外国人のバックパッカーみたいな人たちがちらほら歩いてた。
日本人よりも京都の文化を満喫されているようです。

平野屋さん前は、冷やっとするぐらいの空気感。
十分通勤圏内なので、夏はこのあたりに別荘ほしいな。
PR