29 July

太郎と若冲



ななんと、岡本太郎と伊藤若冲の展覧会が近くで行われている!
そんな偶然なのか必然なのかわからないような夢のコラボが見られるなんて。

先ずは、岡本太郎さん!信楽陶芸の森であった。
陶芸と太郎さんは、太陽の塔の後ろの顔のタイルでつながっている。
陶芸の森所蔵の「犬の植木鉢」を近くてまじまじと見られた。
あまり後ろからとか上からとか見る機会がないので大興奮!!
あとは、縄文土器やパプアニューギニアの焼物が太郎さんの言葉とともに展示してあった。



このミュージアムは、小高い山の上にあって、とても風光明媚なところ。
空いていてがらんとしていた。

面白いポスターを発見!
狸の顔が太陽の塔の顔になっている!!

同じ陶芸の森の中にある信楽産業展示館で、
今週末からスタートの「信楽焼の近代とその遺産~岡本太郎、信楽へ」のポスター。

こりゃ~、また信楽へ来ないといけないぞ。



続いては、若冲さん!
信楽からほど近い「MIHO MUSEUM」で開催されてる「若冲と蕪村」展。

ミホミュージアムは、桃源郷をイメージして作られた。
フロントからトンネルを抜け谷を越えたところにある本館は俗世と離れた別世界。



若冲さん、めちゃくちゃ技術力があるのに、ちょっと笑かすような絵がかける。
ほんまにスキルが高いからこその余裕の遊び心かな。
達磨さんの目が逝っている。禅宗のお坊さんに怒られないかな~(笑)
ちょっと出来るぐらいのヤツほどそのスキルを自慢したくなるけど、ほんまに出来る人はそんなスキルはどうでもよくいちびらない。
アピールしなくても一目瞭然で上手いのがわかる。
たまらんな~、若冲さん

太郎と若冲、すごいエネルギーを発している。
見るのにも、すごいエネルギーを使った(笑)