05 August

C100 コンデンサーの外付け



暑いですね~
エンジンにも過酷な夏ですな。
ポイントから火花がパチパチ出ているのでコンデンサーの交換を。
エンジンが温まると失火するのもこれが原因かぁ??

どうせ交換するなら、熱いジェネレーター内から外に出そう。
なんで熱に弱いコンデンサーがエンジンにマウントされているんやろな。
CT90のコンデンサーはイグニッションコイルに取り付けてある。



配線を抱えているツメをおこそうとしているとポロリと台座ごと外れた(^^;
ギリギリでついていた感じか??
ハンダごてを使う手間が省けましたが(笑)
コンデンサーにはポイントの足を潤滑をするフェルトがあるので、取り外さずそのまま置いておく。
コンデンサーに入っている3本の配線をハンダで付けて結線し絶縁。



新品のコンデンサーはバッテリー横へと。
イグニッションスイッチとイグニッションコイルの間に入れる。
場所は違うけれど同じ回路となる。
ポイントの火花が改善!
外に出すことで簡単に交換できるようにもなるし一石二鳥。