16 August

C100 コンデンサー修理で山へ行っても安心

帰省から京都へ戻ってきたら、暑っいわ~。
朝から頭痛で。ヘタっていたら時間がどんどん過ぎる。
うーん、これはアカン。
頭痛も気にするから痛いんやと言いきかせる。
昼飯を涼しいところで食おうかの。
野点道具をもって出かけましょ。



コンデンサーを修理して、どこへでも行けそうな気がするC100で行こう(笑)
あと、軽い車体に馬力無しで、頭痛にもやさしい乗り物?やしね。

いつもの雲ケ畑方面へと。
山に入ると後ろにバイクが追い付いてきた。
坂を上らないC100はパスしてもらおうと端っこによる。
でも、抜いて行からへんな~。
よく見るとCT110やな。知り合いかな??

いつものランチ場所に着くと「こんにちは~」っと声をかけていただく。
ブログを見ていただいているようで、ありがとうございます!
同じように、ぶらっと雲ケ畑方面には涼みに来られたようですわ。
ちょこちょこ来てますので、今後ともよろしくお願いします!!



道のすぐ下が、川床納涼ランチポイント。
今日のメニューは、おにぎりとカップヌードル。
頭痛で家なら食べる気しないメニュー。
でも、ここなら、おいしく食べられるし、頭痛も意識してないな。
出てきて良かった!



食後はお茶を!
ひとり急須を持ってきた。
一煎、二煎、三煎と味を変えていく。
台湾の高山茶、最高!
すっきりと苦くて甘い。美味かった~。



ランチ後は山散歩。
C100の軽さと馬力の無さで普段とは流れる風景が違う。
乗るカブが違えば、いつもの山道が新鮮になるんやな。
面白い!自分の知っている世界なんて狭いもんやわ。



C100、ずーっと調子が悪くて・・・
京都市内の交通のある場所でしか乗る気しなかった。
故障したときに交通機関で帰れる範囲。

吸気、圧縮の不具合を直して最後にコンデンサー!
トータル的にガタがきていたのを直した。
良い混合気、良い圧縮、良い火花の三大要素が揃った!
やっと、まともに安心して走るようになり、郊外へ出られるようになった。



持越峠の上り。
C100には厳しい~上り坂。
1速ギアで自転車並の速度でえっちらこっちら上る。
こんなエンジンに厳しいこと、以前の状態ならやる気しない。



下りになればこっちのもの。
サスペンション付きの自転車感覚で滑降できる(笑)

杉坂に出て、京見峠方面へと。



杉坂は蒸し暑かった~。
山の中なのに、ぜんぜん涼しくない。
ここでこんな暑いのなら下界はどんな暑さやろな。

京見峠へと上っていくとまた涼しくなる。
鬱蒼とした杉林の中で日の光が入らないところは冷やっとする。



京見峠から大文字山を望む。
今日は、五山送り火。
ちょっと遠いけど、ここから送り火を見てもキレイかも~。
(20:00~点灯の送り火、大雨で大変やったみたい)

C100、エンジンがまろやかになってきた。
オイルが金属表面に馴染むとこの感じが出てくる。
さっき、1速で頑張ったからか?
やっぱりエンジンはある程度負荷をかけないとあきませんな。

49ccなりの走りしかしないけど、走らせている楽しさがあるC100。
1963年モデル!まだまだ健在です!!