17 December

あんどん灯して



かもめカブC90K1。
1971年モデル。
45年経っている。

夕方の買物は、あんどん灯して。
バッテリーが少し弱い。
ヘッドライトにしたらウインカーとブレーキランプでエンスト(笑)
バッテリー点火の泣き所。
ポジションライト(あんどん)なら大丈夫。

発電はジェネレーターから直入るのでは無く、バッテリーで受けてから灯火類へと。
エンジン止めててもヘッドライトが点く。
古い電気回路にはレギュレターってものがない。
電力の安定化はバッテリーが受け持っている。

バッテリーをちゃんと面倒見ないと、まともに走らない。
そんなところが面白いとこでもある。
14 December

寒いけど楽しい



日曜日のお話。
リトルで家帰ってからCT110に乗り換えぶらりと散歩へ。
風防無しレッグ無しのCT110の寒いこと(笑)



CT110が楽しいわ~。
なんやろ寒いし変なテンションなんか(笑)
タイヤが回転しているというよりも、地面を蹴っているような走り。
鉄馬!排気量は小さいけどそんな感じ。



太陽が隠れるとどんどん気温が下がる。
今夜はけっこう冷えそうや。

12月なのにコスモス?かな。
寒々しい感じの中で色があるとよりキレイに見える。

今日はほんとCT110との相性が良い。
日によってこの差が激しい。
アカンときは、全く楽しいくない。
「なんでこんなんやねん」と腹立つこともある。
CT110は何も変わらないのにね。
いいとこもダメなところも表裏一体。
どう感じるかは、乗り手の問題ってことやな。

10 December

もわもわもーもー

鉄子さんより、リトルカブがもわもわもーもーとなると訴えがあった。
なんじゃそりゃ?

乗ってみると、確かに「もわもわもーもー」となる(笑)
アクセルのツキが悪い。
加速時に症状が出る。
特に再加速するときに、もわもわもーもーとなる。



プラグをチェックしてビックリ.
真っ黒け(@_@)
濃いんやな~



しっかしね~、冬に薄くするセッティングは気持ちが悪い。
冬は普通濃くするんやけどな~。
メインジェットを85→80へと交換して試乗へと。
もあもあもーもーは出なくなったけど。アイドリングが上下して安定しない。
こりゃ、2次エア吸ってるわ。
インマニのガスケット大丈夫そうやったし再利用したのが悪かった。
液体パッキン塗って2次エアの修理。
二度手間になってしもた。
不安要素はケチらず交換したほうがええわ。



キレイに走るようになった!
京都の路地の町はリトルカブが一番走りやす。
せやけど、今日は寒い。
08 December

「ボクのみちくさ」カレンダー2017



さて、年末になるとやってくる。
「ボクのみちくさ」カレンダー

カブ仲間の画家、ヌマさんのカレンダー。
緻密なのに柔らかい絵にほっと癒やされます。

あんどんカブC90も益々元気そうで!
見かけによらず高回転型のC90のエンジン。
ギュイーンとパワーバンドに入ったときは良き昭和を感じられる。
クセのあるエンジンは今の技術じゃよー作らない(笑)

ヌマさんの絵にはそんなテイストが入っていると勝手に思ってます。
04 December

変わらない存在



西本願寺の大銀杏。
紅葉のピークを過ぎて落ち葉を散らしていた。
この銀杏の葉っぱが全部落ちたら冬になる。
子供の時から変わらない秋から冬へのルーティン。
いつも通りがいつもの通りやってくる安心感。
長年変わらないって難しい。



スーパーカブも機械的には進化しているけれども、
パッケージングは変わらない。
C105もJA10も確かにスーパーカブ。
来年には世界累計生産台数が1億台を突破するんだって!!
なんだか、泣けてくる。
04 December

師走ですな~



自転車で嵐山へと。
ちょっと落ち着いたかと思ったけど、まだまだそこは嵐山。
人があふれかえっていた。

天龍寺へ行ってみる。
アカ~ン(笑)
落ち着いた雰囲気のかけらもない。

嵐山は脱出して嵯峨野へと。



人を避けるように、嵯峨野でも奥の奥。突き当たり。
直指庵へと → 大正解!
ピークを少し過ぎたぐらいの紅葉。
静かな境内。
とてもキレイっすね。



晴天で紅葉が光り輝いていた。
今日のカメラは、PENTAX K-01。
21㎜と50㎜の単焦点レンズ。



低木な紅葉の小径。
直指庵は、いつものカブ散歩コースにあるところ。
初めて入ったけど、こんなにステキな奥座敷だったとは!



写欲も大満足で。
パチパチとたくさん撮った。
そやけど、あまり上手く表現できていない。
ほんとはもっともっとキレイなんやけどな~。



普段はほとんどデスクワークで脳しか動かさない仕事。
休日は身体動かして滞った血液を全身に巡らさないと。
第二の心臓大腿筋。



夜はカブマイスター小栗商店さんの忘年会。
自転車乗って家帰って、横になってたら寝てしまった(^^ゞ
起きたら20時前やん(°0°)
えらいこっちゃ、20時からスタートやん。
大急ぎで行っても5分もあったら行ける(笑)

懐かしい顔も参加してて、ちょっとした同窓会!
おおきにでした。

かっこええ~カブトレーラー
引っ張るのは、ミリタリーふうカスタムカブ。
ちょっと外出たときにうっとりと見とれてた。
27 November

パンダ風防



一日中雨でした。
日が暮れてから止むなんてね。
おかげで引きこもり(笑)
カブメンテ三昧。

C90DPに取り付けている風防。
パンダの顔に見えませんか。
勝手に「パンダ風防」と呼んでいる。
前たれが手まで覆う大きさがあるので防風効果は抜群!

風防部分は頭の上までくる大きさだった。
大きいほど防風効果は高いけれども、
雨の帰り道とか風防越しでは滲んで前見えない。
目線が風防から出るように低くカットした。




あとグリップヒーターを取り付けた。
グリップに巻き付ける簡易タイプ。
じんわりと暖かいんよねグリップヒーター。

パンダ風防とグリップヒーターで冬も快適に!
24 November

自動運転



自転車で仕事関係のイベントへと。

車の自動運転の話が興味津々だった。
同一車線を走ることが実用化されているが、まだまだ人間が制御しての自動運転。
完全自動となると、コンピュータは相手とのコミュニケーションができないから、難しいんだって。
例えば、信号の無い交差点で6時と9時方向から同時に交差点に入った場合、人ならアイコンタクトとかジェスチャーで、譲り合いができるけど、コンピューターはそれができなくて止まったままになる。
なるほどね~、運転もコミュニケーション!協調して譲り合って主張して走ってる。

帰りは日が暮れてきて、グッと気温が下がった。
自転車で走ると耳が痛かったわ。秋も終わりで冬に突入やな。



家に帰って、赤カブのオイル交換ついでに整備。
フロントブレーキワイヤーの動きが悪いのでワイヤーインジェクターで給油と、リアサスの交換。
ふと見たレッグのエンブレムにうっとり。
普段は意識していないけどね。
今のグラフィック化されたのより、この手書きのような細かい羽のがカッコエエ!

自動運転、、、
カブの自動遠心クラッチも、本田宗一郎さんが出した自動運転の答えのひとつ。
58年前に実用化したのだからすごい!

20 November

泉涌寺窯元めぐり



毎年恒例の泉涌寺の窯元めぐり。
お気に入りの窯元さんのが半額で買えるチャンス。

東福寺へ行く道から窯元の街へと入る。
しっかし、すんごい人人人の波。
東福寺には行かないからええけどね。



東福寺の道から外れると急に人がいなくなる。
ここは、日常があるだけ。
プレスカブがやってきた。
なんと絵になる感じ。シャッターを慌てて切った。



窯元をスタンプラリーで巡る。
買う場所はいつも決まっている窯元さん。
ステキな茶碗を買った。





今熊野観音寺は紅葉がピーク!
今年は赤がほんとキレイで。



帰りはぶらぶら歩いて帰る。5㎞弱ぐらいかな。
途中、JRの線路を渡る陸橋の上で鉄ちゃん行動。
新幹線を上から見られるところなんてあまり無い。
すごい迫力!



今日のカメラはE-500に25㎜/F2.8のパンケーキレンズ。
光学ファインダーで写真を撮るのはとても楽しい。
ミラーアップの振動がまた写真を撮っている感じがする。
写りは残念ながらスマホのほうが上やけどね~(笑)
(E-500は800万画素、スマホは1300万画素)