11 September

世田谷ベースにカブ登場!



雑誌の「世田谷ベース」がスーパカブの特集だった。
最近出るカブの雑誌は、知っていることしか載ってないので買わない。
けど、これは買った!
知識を入れるティーチング的なムック本ではない。
所さんがカブにハマっていくプロセスと感覚が楽しかった。
ワタクシは職場でも変人扱いのカブマニア(日替わりで違うカブで通勤しますからね:笑)ですが、カブのことはほとんど語りませんし、その楽しさを理解してほしいとも思っていません。
そんなカブの楽しい世界を所さんが軽い感じで代弁してくれたようで、うれしかった!
10 September

ヘリノックス買いにからの嵐山



ヘリノックスの椅子を買いに行って帰りに散歩。
来週末はキャンプの予定。
最初、普通サイズを買おうかと思ったけれど、ミニの仕舞寸法と軽さに負けた。
なんと!ショルダーバックの中に入れてるけど気にならない軽さ。
500㎜のペットボトルなみの重量でキャンプ以外でも使えそうと思った。
座り心地は、今使っているホムセンの椅子よりはええでしょ。



OLYMPUSカメラのアートフィルターのドラマティックトーンで撮影。
もうこうなると写真やないね。グラフィックという分類に近くなる。
アートフィルターはいろいろあるけど、あまり好きではないので使わない。



もう少し足を伸ばして嵐山まで。
街中は暑いけど嵐山は少し肌寒いぐらいだった。
その涼しさがが嵐山本来の陰気臭さが出るので好きです。
街灯に明かりが灯れば、違う世界への扉が開くような感じがした。

1時間半ぐらいC100を転がす散歩やけどね。
遊びとしての充実度は満点やで!
この短い時間でこの遊びに勝るもんは無いな。
09 September

祇園界隈散歩



祇園のフォーエバー現代美術館へと。
草間彌生展!
玄関には巨大カボチャのオブジェがあった。
強烈なインパクト。



フォーエバー現代美術館 祇園・京都は、
祇園甲部歌舞練場の八坂倶楽部の建物を利用。
大正2年建築の文化財。
庭園に出られて、そこから建物を眺めるのも美術鑑賞のひとつ。

この古い建物の中に展示されている草間さんの絵のギャップが面白かった。



近くの安井金比羅宮へと。
今日は家族もいっしょなので、京都を案内する(笑)
地元人は京都知らない。

縁切り縁結び碑はすごい行列だった。
待ってまでくぐる必要もないので、さっと通り過ぎただけ。



そのあとは、八坂の塔へと(先週も来た:笑)
アラビカコーヒーのカフェラテをずいぶん並んでゲット。
ひとりだったら、ぜったい並ばない。

おっさんだけど、%マークと八坂の塔のお約束の写真を。
息子もTwitterに上げると撮ってた!



今日も、インスタ女子がいっぱいおった。
静かで仏心強い地味な通りやのに、えらい華やかになった。
04 September

CT90とボルドーバーナー



CT90でぶらっと河原ランチに出かける。
秘密の(秘密でもないか)砂防上の河原。

CTなら河原へ入れるのがうれしい。



ランチといっても、カレーヌードルとおにぎり。
湯沸かしには、久しぶりのボルドーバーナー!



ボルドーバーナーの存在なんて忘れてたわ(笑)
キャンプ道具入れの片隅におったわ。

最近はお手軽便利なガスバーナーばかり使っていた。
ちょっと湯を沸かすぐらいやしな。
アウトドア料理なんてしないし。
炭で焼くもんばっかり。

ボルドーバーナーって、意外とお手軽なのを再認識!
ちょっと湯沸かしにぴったりな道具やな。



コーヒー飲みながらCT90を眺める至福の時を過ごす。
川のせせらぎとミンミンゼミとツクツクボウシがBGM
風が吹くとタンポポの種がふわ~っと舞い上がる。



帰りはぐるっと山を一回り。
CT90はCT110と違ってシフトチェンジの軽い。
CT110のようなトルクが無いから、クラッチスプリングが柔らかい。
この違いが大きくて。
あと、トルクの薄さもあって、軽い感じで走れる。
CT110がトレッキングブーツなら、
CT90はトレイルランニングシューズってとこかな。

ほっと一服、ええ休日でした。
さーて9月、半期決算やな(早っ)
03 September

空が青い



日射しはまだ強いけど、乾燥してカラッと過ごしやすくなった。
空が青くてね~、こんなときは、OLYMPUSのコダックセンサーで撮りたくなる。

自転車でぶらぶらと東山のほうへ、



太陽を背にして確信犯的に空の青さを強調した写真を!
いいね~ちょっと濁ったような深い青のコダックブルー。



八坂通りを西から東へと。
建仁寺を通り過ぎると上り坂になって八坂の塔が見えてくる。
このえっちらおっちら、八坂の塔に向かうシチュエーションと風景が好きで!

着物姿と八坂の塔!今流行のインスタ映えするスポット
自撮り和服おねーさんがいっぱいおった(笑)
28 August

ええレンズです!



フィルムカメラはレンズやね。
COLOR-YASHINON DX 40mm 1:1.7
40㎜と標準よりも少し広角の画角が使いやすい。



何気ない写真でも、写真になるからええな~。
フィルムとレンズでその時を写して切り取る遊び。
その光がフィルムというモノに焼き付くところがデジタルでは味わえない醍醐味。

その他の写真はココです
27 August

京都タワーの展望室へ!



京都タワーの展望券をいただいたので行ってみた。
日暮れの時間を狙って行った。
キレイな空を見ることができた。









いつもでもすぐに行ける、身近な存在。
京都駅周辺は良く行くし、家からでも少し移動したら目に入る。
そやけど展望室へは登らないな~。
昭和の現役で使われている遺構みたいなもん。
開放感バツグンで気持ち良かった。年間パスポートほしなったわ。
26 August

赤カブのフロントリムを交換



手に入れたときからフロントリムが歪んでいた。
空気圧不足で段差を乗り越えたときにリムを打って歪んだような感じ。
1カ所上下方向に凹んでいて空転させたら良くわかる。
乗っていると支障があるようなフラれは感じないので、
手に入れて12年間、ずーっとほったらかしだった(^^ゞ
エンジンをオーバーホールしたら、その他気になる部分もやりたくなった。

在庫のあんどんカブのフロントホイールからリムを部品取り。
組むのは簡単だけれど振れ取りに時間がかかる。
横方向1㎜以下まで追い込んだ。

どれくらいの時間やっていたのだろうか?
椅子から立とうとしたら足が固まっていて伸びなかった(笑)



夕方は銭湯へと。
日が短くなってきた。

フロントリム交換の効果は、、わかりません。
もともと支障無かったもんな。
きっと、80㎞以上なら効果が実感できるはず!
そんな出ませんが(笑)

久しぶりの芋松さんは、
相変わらず入るのがもったいないきれいなお湯で。

松葉杖スタンドは銭湯に駐輪するときに一番活躍できる。
20 August

C100:在庫部品の組み合わせシート張替え



別体タンクのC50用と思われるシートの張替え。
ガムテープでグルグル巻きのシートを切って剥がす。



シートレザーはC100用かな?赤茶色。
ちょっと小さいので、足で踏んでウレタン圧縮してレーザーを引っ張った。
後は台座のツメに引っかけていくだけ。



どうでしょうかね?
前の黒白ツートンのほうがいいような気もする(笑)
クッションが厚くて乗心地は向上!
しばらくこの仕様で行こうかな。
あきたら元に戻そう。



今日も暑い日だった。
湿気が多くて、空も不安定な感じ。
でも、今日は雨が降らなかったな。
豪雨はいらないけど、気温を下げる雨がほしい。
19 August

墓参りからの~青い空



お盆は家にいなかったのでウチの墓参りが出遅れた。
あんどんC70Zで墓参りへと。
ご先祖さま、すんません。合掌

今日は空の青が濃いな~



墓参りだけのつもりが、空の青さにやられて当てもなくさまよう。
とりあえず涼しいと思われる北のほうへ。
南禅寺~白川通り~岩倉へと。



お腹が空いたのでランチ。
ふと思い出した、久しぶりのマックさんの家。
バイク・クルマ雑誌を見ながらゆったりと過ごす。
ランチが美味しかった!



もうちょっと涼しいところへと。
貴船にでも行ってみよう。

なんじゃ~こりゃ。
人、人、車、車、大混雑。繁華街やな。
車の離合困難な道なのに人がぞろぞろ歩くから余計に車が動けない。
カブだから対向が来ないうちに抜けよう、、、
人で抜けられん。
なんとか脱出したのは奥宮付近。



ちょっと涼みに来ただけなのにな~。
あの混雑の中に戻る気しないので山越えすることに。
芹生峠へと上る道はとても急坂。
1速でないと上れない。



車が後ろから来たので避ける。
「この道抜けられますか~?」→「抜けられますよ」
「貴船は戻れないですよ」→「同じでーす」
「では、お互い気をつけて、この道抜けましょう~」
はははっ、初めて通る方には、相当ハードやな。



花脊大布施町へと。
月曜日にもCT110で通った(笑)
ここからは一気に花脊峠越え。

あんどんC70Zのエンジンが絶好調になってきた。
振動は減って気持ち良く回る。
ある程度負荷がかかった後の、あの感じ。
オイルが金属に馴染んで被膜がしっかりできた感じ。



花脊峠の気温は25℃だった。
下界より10℃は低いかな。

京都市街へ向いての下りは急勾配を落ちていくように走る。
見通しがいいから狭くてもそれなりのスピードが出せる。
ただ、あまり調子に乗らないように!
狭い道なのに交通量はそれなりにあるので要注意。



鞍馬駅に寄って、移動パン屋さん「ブルージュ」でフレンチトーストを購入。
どこか市内の祭りごとで食べてからのファンで!

貴船とは違い、鞍馬はひっそりと静かだった。
貴船はもう奥座敷の秘境じゃない。
夏の京都の一大観光地になったんやな。



墓参りですぐ帰る予定だったから、
Tシャツ1枚だしグローブもしてないし、、、
よー日焼けてしもたわ!ヒリヒリする。

京都街中35℃ぐらいかな。
路面温度はもっと高いやろな。
暑さでボーッとして意識が薄くなるわ、
そんな状況でも、ダレなく快調に走る、あんどんカブC70Z。

空気がキレイで風景がくっきりで、青空が印象的な日だった。
良いバイク(819)日和となりました!