忍者ブログ
16 July

赤カブエンジンOH完成編



赤カブは8万㎞を超えているが、ミッションはキレイなもんだった。
ドックも変な摩耗もなくまだまだ使える。
オイル管理がきちんとされているのがわかる。

ミッションをテストではめてみて、一度抜いて、、、、あちゃー、、、
カウンターシャフトのオイルシールのリップがFスプロケット固定用の溝にひっかかり欠けてしまった。
カウンターシャフトのオイルシールは最後に打つんだって。納得。



8万㎞走ったカムチェーンのガイドローラー。
よく減っているでしょ(笑)

今回、カムチェーン関係は新品にした。
ただ、カムスプロケットだけは部品が出てこなくて断念。
ベアリングタイプなのに3穴の過渡期の部品。



エンジンの組み付けには「魔法のモリブデングリス」を使う。
軸受けの初期潤滑に有効で、昔は4気筒のクランクメタルに塗って組んでいたもの。
ベアリングの入っていない部分の軸受けやシフトフォーク、カムシャフトで使った。
30年前ぐらいのグリスなので大丈夫かな~っと、あとで調べたらまだ売ってるやん
エンジンばらす人しか使わないものだけどね~。



エンジンスタンドのおかげで、随分効率よく組めた。
今回拝借したけど次回は買おう!

セル付エンジンてカッコイイ姿をしてるなと写真撮ってて思った。
セルの部分が、ちょっとスーパーチャージャーに見えませんか?(笑)



オイル入れてエンジン始動するときは緊張する。
ガラガラ♪と音でたらコワイもんな。

あっけなくエンジンスタート!
メカノイズの無い新車になった!!
まあ、駆動部分交換しているから当たり前なんやけどね。
気持ちエエわ~♪

夕立がやむのを待って、近所一周の試乗へと。
クラッチ板も交換したし、ミッションの位置決め用のレバーも交換した。
静かなエンジンにカッチとしたミッションのタッチとスムーズな発進。
新車の感じやんか!
これでまたしばらく快調に走ってくれるでしょ。
PR
09 July

C90K1、バッテリー対策と梅雨仕様



かもめC90K1はバッテリー点火。
バッテリーが弱ると走行不能になる。
1週間に1回は乗りたいところだけど、このところの梅雨空ではビジネスバックが入るボックスが無いと乗り出す機会が減る。

バッテリーは充電すればいいのだけれど、バッテリー外すの面倒くさい。
車体につけたまま充電できるように充電用のソケットを取り付ける。
バッテリー充電器のソケットとそのソケットをつなげると充電できる。
星乃充電器は制御によって優しい充電するし満充電になったらトリクル充電に移る。
つないでほったらかしにしても大丈夫。



昼から仕事関係の講習会で出かける用事があった。
雨が降りそうなので、車で行こうかと思ったけれども、パーキングを探す必要があったのでカブにした。
かもめC90K1をダブルシート仕様からBOX仕様に変更する。
シートは純正はやぶれて水が入るのでMDのものを取り付ける。
アイリスBOXをゴム紐でくくって梅雨仕様に変身。
これで、通勤での使用頻度が上がるからバッテリーにもいいだろう。



帰り道、雨が降ってきた。
家に着くなり豪雨になった。
急に降り出して豪雨になるからボックスは必需品。
08 July

赤カブエンジンOH部品間違い編



部品が揃ってさー組むぞと進めていると、部品を間違って注文してた(^^ゞ
メインシャフトのベアリングのサイズが違うやん。
パーツリストを一行見間違えてたみたい・・・
50のカウンターシャフトのが届いていた。
小さい字キライ(笑)

クラッチ板の交換など、できることをやっておく。
エンジンスタンド拝借してきた。こりゃ便利な道具やわ。
立てたり寝かしたり自由自在にエンジンの方向を変えられる。
ほしいけど、、使用頻度は低いな。



懸念されたオイルポンプ駆動のシャフト軸受けの傷だけど、
モリブデングリス塗って新品のシャフト入れたらスームーズに回るわ!
ガタも大きくなく、これなら大丈夫やな。
06 July

赤カブエンジンOH検証編



バラシ編でビックエンドが大きくて、70のものに交換されていた?と書いていたが、はじめっから23㎜のビックエンドだったことがわかった。

うちの赤カブは1982年の1型でC50Cというやつ。アジアを意識した角目をデザインの初期モデル。カブ史に残るエポックな存在である。
角目はカスタムという名前ではなく、「スーパーデラックス」だった。

カブ関係各位にビックエンドの質問してみたが謎は解決しなかった。そんな中でプレスカブは大きなビックエンドであることを発見してくれた方がいた。
50用のクランクでも23㎜のビックエンドが存在しているのがわかった。

部品を注文するのにミッションシャフトのベアリングをC50D型(1983)のパーツリストで調べていると、そこのベアリングサイズも大きいのがわかった!HA02カブと同じサイズ??困ったぞ。D型のパーツリストはそれ以降の50ccのサイズだった。

こんなときには、小栗商店さんに助けを求める。
さっそくC型のパーツリストを取り寄せていただき、謎が解けた!やはり、ビックエンドははじから23㎜だった。50、70、90と同じサイズ。
そら75ccにボアアップしたぐらいではビクともしないはず。ミッションのベアリングも90と同じサイズだから、50にしたらオーバークオリティーな贅沢なエンジンの内容である。
C型はリッター150㎞、D型はリッター180㎞の驚異的な燃費データとなっている。その燃費を出すのに50は50に必要な強度に変更してベアリングを小さくしてパワーロスを減らしたのかなと勝手に推測している。

部品は注文した。クランクシャフトとベアリング類は全部新品にするから、組み上がってエンジンを始動するのが楽しみである、、、、



、、、、重大な問題を発見。
オイルポンプを駆動するシャフトのカム側の軸受けに焼き付いた跡が~、、ショック。
シャフトも傷だらけで一回り細くなっている。。。
カム側のクランクベアリングにガタが出ているから、クランクの振動の影響が伝わったのだろうかね?
軸受けのあれた面はコンパウンドで少し磨いて対処。シャフトは交換する。
あとは見なかったことにする(笑)

さてと、ガスケットめくり頑張ろう。
週末には部品がそろいそうなので、ぼちぼちと組んで行こうっと!
03 July

わらべ地蔵






Photo:PENTAX K200D リケノン50㎜/F2

緑の中で気持ちよさそう。かわいくて癒やされます。
02 July

C100で三千院の紫陽花を見に行く



朝から蒸し暑い日。
梅雨前線は北上して、それに向かって湿った空気が入ってきているらしい。
こんな日は紫陽花を見るのがいいな。
街中は見頃は過ぎてて山に行くと今が見頃みたい。

C100で道の端っこをえっちらおっちら、京都大原三千院♪へと。



三千院は緑・緑・緑!
今日は空いている。
三千院訪れるなら、この緑の時期が一番いいと仰っていた。
紅葉の時期は人でぎゅうぎゅうに混雑してるから来たらダメだって。



今日のカメラは、PENTAX K200Dにリケノン50㎜/F2のマニュアルレンズ。
これで紫陽花を撮る。









古いデジイチとフィルム時代のレンズ、そして紫陽花のコラボ。
フィルム写真のような柔らかさが出てええな。
写真が上手いとか下手とか関係ない。
いかに自己満足ができるか、そしてその写真に共感者がいたら尚うれしい。



門前の「土井の志ば漬」で漬け物の試食タイム。
なすの浅漬けは身体に染みこむ美味さだった。
お茶漬けもってきて~と定員さんに言いたいぐらい(笑)
買って帰る。



赤紫蘇は大原の名産品。

狭い里山を自転車感覚で走れるC100。
自転車しんどいけど、C100は楽ちん(笑)



帰りは江文峠~静原
自転車よりは楽だけど、バイクとしては??
峠道で車に抜かれるのコワイよ~。
自ら避けて車をやり過ごしたほうがマシ。
遅いのを楽しまないと!
非日常を作って遊んでいるようなもんやな。
ご老体頑張ってよく走ってくれる。
01 July

赤カブエンジンOHバラシ編



赤カブから異音がしていた。
だんだん大きくなる。
排気漏れ?ピストンまわり?クラッチか?原因さぐりつつ、
それぞれの不具合を直しつつ確信へと。
あーあ、ケース内からしてるなこれは。



っで、音の原因はクランクシャフト、メインシャフト、カウンターシャフトのベアリング。
ガタが出ているので、これを交換すれば直るかな。
ビックエンドのベアリングは少し横方向にガタが出ているけど縦には大丈夫。

ボアアップ50はだいたいビックエンドが逝ってしまうケースが多い。
50設定なのに、ボアアップの高圧縮・高馬力でやられてしまう。
赤カブは、80000㎞超えている。
うちに来たときが49000㎞ぐらい。すぐに75にボアアップ。
それから30000㎞、てっきりビックエンドが逝ったと思ったけど違った。

ななんと、70のクランクが入っていた??(写真右)
ビックエンドが23㎜ぐらいある(50は20㎜ぐらい:写左)
うちに来る前にクランク交換されていたことになる。
面白い!玄人なこのカスタム。



シフトフォークはさすがに距離を走っている証がある。
これも交換やな~。

距離を走ったカブに金かけるのどうかな~と思っていた。
乗り換え?(乗り換えなくてもいっぱいありますがね)
家族会議の結果、乗り換えは却下となった(笑)

赤カブ直して、また活躍してもらいましょう!
25 June

ブラスバンド!



朝一で、club121つながりのカブ仲間へカブパーツを届けてカブ談義。
souさんのMDは、パッと見は黄色いMDだけど、けっこう渋くいじってある。
121にタイカブのエンジンとか17インチ化とか、オーバーキャリアなどなど、
玄人好みのMDは、素人ではできない加工がされていた。ステキ~。
上の写真の向かって一番右のMD。
よく写真見たら、rakuさんとsouさんのスペシャルカブに挟まれたウチの3台やった。



souさんとこの帰り道に小栗商店へと。
エンジン載せ替えリコールのアフターサービス?でオイル交換がついてくる。
ホンダさんすごい!ご丁寧な対応ですな~。

で、昼からは京セラドームへと、、、
↓この予定が入っていたの忘れてて午前中に大慌てで予定こなした。
鉄子さんにチケット取るかを聞かれて「行く」と返事してたらしい。
全く記憶無し(笑)
きっとテレビかなにかに集中いているときに問われて、空返事してたんやろな(^^ゞ



吹奏楽の祭典!
メインは中高生のブラスバンドチーム。
いや~うるっとくるほどのパフォーマンスやったな。
金と欲望にそまった大人には出せない一生懸命の姿!
上の写真は、ゴジラのテーマソング♪
ちゃんと人文字でもゴジラが表現されていた。



マーチングもダンスやチアリーディングがあって思わず拍手してた。
今日のためにいっぱい練習してきたんだろうな~。

汚れ親父は心が洗われたわ。
おおきにでした。
11 June

C90DP足回りリフレッシュ大成功!



C90DPのフロントサスの交換。
サスはベトナムカブパーツのアウスタのやつ。
外した状態で押してみて比べる。→ あてになりませんが。。
新品のほうが柔らかいかな。



サスのせいかと思っていた車体の振られ。
根本的な原因は、、、リアホイールベアリングのガタやな。
ハブの左右のベアリング、スプロケットハウジングのベアリングを交換。



試乗へと。あじさいがキレイに咲いていた。

笑いが出てくるぐらい乗りやすくなった。
なんかね~往年のハンドリングマシンが蘇ったみたい←自分の中の話

フロントのサス、初期の動きやよくてええ仕事する。
リアサスも、しっかりしなやかで乗心地上々。
振られも無くなって、足回りリフレッシュ大成功!
レンタルカブで不具合を見つけてもらって感謝です!
08 June

C90DP リアサス交換

カフェカブ京都でレンタルカブしたC90DP。
国道の速い流れで車体が振れだすとご指摘。
60㎞弱までは大丈夫。それ以上になるとダメ。
特に下りでフロントに加重がかかるときに出るらしい。

ほとんど京都市内走るだけで、郊外に出てないし、
身体が対応しててわからないのかもしれない。
人間の身体ってすごいんやで。
ステムベアリングがゴリゴリしててハンドリング最悪のバイクでも、
オーナーは乗りこなしているもんな。

振られの原因は、
フロントサスの左右バランスが悪いんじゃない?
リアサスもキャンプ道具満載で丁度良い硬いのにしてる影響か?
66,000㎞走っているからあちらこちらガタガタや。
足回りをリフレッシュしましょ。
先ずは、リアサスを交換。



↑これが今までのやつ。
どこのか忘れた(笑)



↑これが新しいの。
YSS東京堂。リトルにつけててなかなか調子が良い。
硬さを比べてみたけど、以前のやつの硬いこと。
それに少し長くてセンタースタンドでタイヤが地面についていた。
長さが短くなって柔らかくなったから後ろが下がった。
いや、これが正常か!
これでフロント加重が少し減るだろう。



次は、フロントを交換しよう。。。